【プレスリリース】タワー型プランター「PAUL POTATO」がついに日本上陸!| 7月9日(木)Makuakeにてプロジェクト開始!

タワー型プランター「PAUL POTATO」がついに日本上陸!
7月9日(木)Makuakeにてプロジェクト開始!

都会で始める新たな暮らし方「シティーファーマーズ」を提案

KUMADE株式会社(本社:名古屋市名東区、代表取締役:戸田 拓児、以下KUMADE)はオーストリアの企業Gusta Gardenの協力のもと、新しい暮らし方「シティーファーマーズ」を提案するタワー型プランター【PAUL POTATO】(オーストリア大使館商務部後援)を販売します。

販売にあたっては、株式会社マクアケが運営する「Makuake(マクアケ)」にてプロジェクトを立ち上げ、7月9日(木)より購入者を募集します。

PAUL POTATO JP特設サイト:https://paulpotato-jp.com/
Facebook:https://www.facebook.com/paulpotato.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/paulpotato.jp/
LINEアカウント:https://page.line.me/289mjyoh

■PAUL POTATOの概要

「PAUL POTATO」はオーストリアの企業Gusta Gardenが開発・販売するタワー型のプランターです。積み上げ構造にすることでじゃがいもをはじめとする野菜を効率よく育てることが可能となっています。

Makuakeで行うプロジェクトでは、プランター本体はプラスチック製を「Anthracite(グレイ)」「Greenグリーン)」「White(ホワイト)」の3色、また洗練・高級感溢れるスチール製にて展開、さらに日本産の種いもをセットにしたスタートセットも併せて販売予定です。

PAUL POTATO 4段 グレイ
PAUL POTATO スチール3段

■「PAUL POTATO」が届けたいこと

家庭菜園になかなか取り組めない理由として「畑やスペースの確保」や「害虫対策の手間」があります。特に安心・安全な野菜を育てたいときに、こうした理由により家庭菜園を諦めてしまいがちです。そこでKUMADEは省スペースかつ害虫が付きにくい設計により、安心・安全な「究極の産地直送野菜」と積み上げ構造による「ベランダで畑野菜」を同時に実現させる独自技術を持つプランターである「PAUL POTATO」に注目しました。

KUMADEは、この「PAUL POTATO」を通して、生活の中でもっとも重要な位置を占める「野菜」について安心・安全の観点から「自分で育てること」、とくに街での暮らしの中で実現する、「シティーファーマーズ」という新しい生活スタイルを提案します。

■オーストリア大使館の後援

今回のMakuakeプロジェクト開始にあたり、オーストリア大使館商務部「ADVANTAGE AUSTRIA」が後援しています。

詳しい仕様につきましては、PAUL POTATO特設サイト(https://www.paulpotato-jp.com/)および開始と同時に公開予定のMakuakeプロジェクトページをご覧ください。

■会社概要

商号:KUMADE株式会社

代表取締役:戸田 拓児

所在地:〒465-0046 名古屋市名東区望が丘279 ナインビル2F

設立:2020年5月

資本金:500万円(2020年5月現在)

URL:https://www.kumade-kk.com/

KUMADE株式会社は、「世界中の文化と技術のハブとなり、『強いスモールビジネスの成長』に貢献する」をミッションに、グローバル食品企業やWEBマッチングサービスを提供するベンチャー企業を経て2020年5月に設立。

「Better than yesterday」を世界中へ提供するため日々邁進しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です